美容整形用語集:か行その4

血管腫【けっかんしゅ】
皮下の毛細血管が密集する事により赤く見える良性の腫瘍です。赤アザとも呼ばれています。主に毛細血管腫、苺状血管腫、静脈血管腫、単純性血管腫等があります。

ケミカルピーリング【けみかるぴーりんぐ】
ケミカルピーリングとは、弱酸性のフルーツ酸(グリコール酸)等の薬品を塗って、表皮の古い角質層を剥がす治療の事です。美白やニキビ治療などに効果的です。

ケロイド【けろいど】
蟹足腫の事です。外傷性の瘢痕ケロイドと、特発性(真性)のケロイドとがあります。前者は、火傷等によって、その瘢痕部に生じ、後者は、徐々に皮膚面に隆起し、腫瘍を形成します。共に特有の紅色を帯びた腫瘍でザリガニに似た外観を呈する事から蟹足腫といいます。

角吊り上げ【こうかくつれあげ】
角の下がっていると怒っていないのに怒っている様な「へ」の字の口元になります。美容整形では、口の内側を切って、口角を上方に上げる筋肉を縫い縮めて短縮し強める事で口角が上がり笑って見える様にする手術を行っています。

ホームに戻る